2015年10月19日

廃材リサイクル「紙管でログハウスをつくろう!」


2015.10.18()10:0012:00
03.jpg
今回で6回目です。JIA埼玉の協力イベントです。

紙管を使ったイベントですが、今回は前回の倍の量を用意してもらいました。

01.jpg

・・が、ログの積み重ねる部分に切り込みを入れる作業を1週間前と前日にやりましたが、地道な作業、かなり頑張りました。

 当日

天気は、少し汗ばむぐらいの良い天気。屋外でやることにして、準備完了。受付で子どもたちの参加をまちました。しかし、開始時間10時になっても、参加者は4人ぐらい。とても始められる状態ではありません。小中学生対象としていましたが、就学前の子どもたちも保護者同伴として、声がけをして、なんとか、10名ぐらいになり、ようやくスタート。

02.jpg

挨拶と、材料の説明をして、3チームに分かれて開始。『ここにある好きな材料で、自由なタカチをつくる』 というルールでスタート。

 03-2.jpg04.jpg

紙管は、紐や粘着テープを使わなくても、積み重ねるだけで組んでいくことを想定して半割の切り込みを入れています。

ですが、紙管を立てて使ってみたり、斜めにして、紐でくくるという戦法で独自の形を作ろうと考えてきます。

 そして、マジックで色付けをしていく。半割を繰り抜いた材料を瓦として装飾する。おいてある壁紙クロスをカーペットにして使う。また、シェードのようにして屋根に使う。前回のイベントで使った竹を使ってすだれをつくる。竹と壁紙で旗をつくる。ログハウスというお題でも完成形は車だった・・・・・次から次に予想もしないアイデアで子どもたちは自分たちのタカチを作っていきます。

 05.jpg08.jpg

 06.jpg

気が付くと、途中参加者がぞくぞくと増えて、20名以上の方々が参加してくれました。

1回戦でまずはそれぞれのチームで講評とインタビュー。2回戦では、1つのログハウスを残して、それを増築する形で、全員で1つの建物をつくることを目指しました。

最終的には、なんとなくそれぞれが個性の光る建物群が一緒につながったカタチが出来ました。

09.jpg

印象的だったのは、インタビューをして答えてくれた子が、「ここにいると、日よけになって風が抜けるのでとっても気持ちがいい。ずっとここにいたい」と言って、小さなスペースにおさまって、紙管の椅子に腰掛けてまったりとしていました。そして、イベント終盤でも「壊さないでー」という声も聞かれつつも、一瞬のうちにバラバラになって終了。

次回は、どんなイベントにしようかな。と考えつつ今回のJIA埼玉のメンバー3人で反省会を開きました。


最後に、ご協力いただきましたスタッフの方々、蓮田白岡衛生組合の皆様、ありがとうございました。


今回の組み立て動画はこちらで見られます。

https://www.youtube.com/watch?v=09G5vHoD40c




posted by jia-saitama at 23:29| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする