2016年07月29日

さいたまトリエンナーレ2016 ワーキンググループ第7回 報告

2016.07.21木 15:0018:00

別所沼公園ヒアシンスハウス

 出席者 倉島、高橋、代田、長野、米口、村田

SMFより 浅見、田村、青山




02紙管とインスタ.jpg

04 ビニール幕.jpg

03 ボールジョイント検討.jpg

05 合体紙管.jpg

1.     広報活動について 

     チラシデザインについて説明があった。原稿はメールする。<倉島さん>

     チラシの内容、方向性についてはこれで進める。

     細かい文言等について各自チェックして7/28()までに返信する。

     7月末までに入稿を目指す。

     印刷はプリントパック等のネット印刷として、2000部程度とする。

     近代美術館外各方面にチラシ配布の協力をいただく。

     JIAホームページのトリエンナーレのページについて説明 <村田>

     チラシの原稿をいただき、ホームページについてJIA埼玉広報委員でまとめて、アップロードする。


2.     浅見さんとのコラボ企画

     SMF学校の遠足プログラム授業として10/8()は参加可能。10/9()も独自で同じイベントを行う予定。10/10()は来られない。

     基本的には、綿生地に感光液をつけたものを乾かしておいたものを用意しておき、来場者に「時間の記憶に残るもの」を焼き付けてもらう。15分位で完成する。

     比較的小さめな三角形の布地につくってもらい紙管の骨組みに取り付けてもらう。

     材料費実費を参加者から頂きたい。500円程度と考えられる。→後日調整 参加費無料とする。

     骨組みにつけたものは、イベント終了時に取りに来てもらうなどして本人に渡したい。

     参加者が焼き付けるものを持ってきてもらう場合は、チラシに記載するので、原案を送ってもらう。

     布地代などの費用実費を確認してもらう。(領収書精算)


01浅見さんプレゼン.jpg


3.     イベント・展示方法について

     自由な時間に来て組み立ててもらうイベントとしてそれぞれ作ってもらい展示する。

     四面体がつながって、チューブ状になるようにスタッフが誘導していく。

     片付けのことも考えて、最後は、イベント的なことを行って最終形で記念撮影をする等を考えたほうが良いのではないか。

     浅見さんのイベントは随時受付をして作りたい人につくってもらい、出来上がったものをJIA側ですきな所に付けてもらう作業を行ってもらう。

     夜間の管理が必要な為、ヒアシンスハウスに宿泊することをヒアシンスハウスの会に確認してもらいたい。(担当長野さん)


4.     青山さんとのイベント企画

     北浦和おかわり芸術祭「おむすびコロリン、おなかの旅〜みんなで右脳をフル回転」を11月に行う予定。

     7/2916:00〜 青山さん宅にて打合せ予定 (運搬・廃棄方法など)


5.     紙管の材料について

     紙管については200本×100

     運搬料4t20,000

     材料調達の件は米口さん中心に進める。


6.     イベント保険について

     イベントの参加者には保険をかけることとする。

     詳細は、水谷氏で見積をとって、確認後、申し込んでもらう。


7.     その他

     11月第一日曜日にヒアシンスハウスの会の企画で法政大学の岡村氏をよんで別所沼会館にてイベントを行う。(ヒアシンスハウスの会 岡村さん)


8.     現地組み立て実験

     正四面体を3つつなげた。

     中間にゴムを入れると延びてしまうので、紐だけで、作る方向とする。

     子どもが乗っても大丈夫な強度はありそう。ただし、シーソーの様に不安定なる形もあるのでスタッフが十分注意して見守る。

     現状のペットボトル+丸環仕口で進める。

9.     次回打合せ


  ・9月上旬 最終調整

posted by jia-saitama at 18:26| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

さいたまトリエンナーレ2016 ワーキンググループ第6回 報告

2016.06.19

ココス白岡店

 出席者 高橋、代田、村田、長野、米口

鶴崎、三浦、青山



1.     エコプラザまつりの反省

     全体的には、面白い企画となった。

     輪ゴムをもっと太いものにしないと重みで切れてしまう。

     結束バンドも大きいサイズでないと、細かくて繋ぎにくい。

     キャップの種類によっては、ペットボトルから外れてしまう。今回は2個。

     正四面体をつなげていく場合、地面から浮いている部分については、ゴムが延びて安定しない。

     TMトラスの模型は、小学生未満の子どもたちでも夢中で楽しんでいた。


2.     今後の課題について

     浅見さんとのコラボレーションをどのように展開していくか。打合せが必要。

     トラスにクロスで覆うのは良いが、骨組みが見えなくなるのもアートとして面白くないかも知れない。半透明のもので覆うことも検討する。

     開始時間を自由にて行う場合は、個別に空間をつくってもらい、最終日にイベント的なものとしてタイムチューブの様なつながったものを作っていく等の運用の検討が必要。

     紙管に色を付けることが良いかどうか検討が必要。

     イベント後にSMFで使う場合、材料の運搬、処分についての検討が必要。

     紙管をリース(借りて使用後返却)する具体的な方法を検討。色を付けない、汚さない等の工夫が必要。

     紙管の具体的な運搬方法・その費用についての検討が必要。

     イベントの保険の検討が必要。

     チラシでの広報時期の検討。

     JIA埼玉のホームページでの広報も必要。


3.     次回打ち合わせ

     7月中旬〜下旬


posted by jia-saitama at 10:04| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

「自分だけの部屋をつくろうPart2」


2016.06.19(日) 10:0012:00
今回で7回目となりました。今回は、昨年の自分だけの部屋をつくろうのパート2として、さいたまトリエンナーレのイベントに向けて実験的に検討してきた仕組みを利用してプレイベント的に行ってみました。

01 今回ペットボトル.jpg

今回も蓮田白岡環境センターの方々に大量のペットボルトを用意してもらいました。大きい紙管に組み合わせるコカ・◯ーラ1.5リットルの丸いペットボトルと中サイズの紙管に組み合わせる500mlのポットボトルを100個ずつ位用意してもらいました。

02 今回材料.jpg

その他の材料は、キャップ+丸環フック、輪ゴム、セロひも、結束バンド、割り箸です。特にキャップにフックを取り付ける作業は地味な作業でJIAスタッフの協力で200個程度つくりました。

03 模型組み立て01.jpg

また今回は、小さなお子様向けにTMトラス(太陽工業さん寄贈)の模型ブースを設け楽しんでもらいました。

06 模型組み立て.jpg

男の子も女の子も真剣に組み立てていました。将来の建築家目指してがんばれ!!

05 組み立てはじめ.jpg

こちら本題の作業も説明をして開始。今回は自由な時間から参加できるようにしました。左の三角錐はJIA埼玉スタッフが作った見本です。

07 協力して組み立て.jpg

今回の組み立ては、紙管に加工をせずに、ダボピン等は使いません。紙管内部にゴムひも+セロひもで引張り両側にペットボルトを取り付けます。それぞれの頂点をキャップに付いたフック同士を結束バンドでつなげていきます。正四面体となれば安定します。09 テント構造.jpg

こちらのチームは正四面体ではなく、ブレースを付けて三角屋根にしていました。

11 仕上作業.jpg

骨組みができると、みなさん、前回のイベントで使った壁紙で床と壁を囲みはじめました。

08 内部でだんらん.jpg

内部に絵を書いて自分だけの空間に仕上げています。


10 全体風景.jpg

最後はこんな感じで三角がつながっていきます。三角の集合体の村が出来たようです。

12 集合写真.jpg

みんなで記念撮影をして、分別解体を行いイベント終了です。

今回も大変盛り上がりましたが、トリエンナーレに向けての課題も見えてきました。1つの正四面体では安定するのですが、横につなげていくとゴムが延びて安定感がなくなること、トンネルのようにくぐっていける様にするためには、もう一工夫が必要です。108日〜1010日のトリエンナーレイベントまで、改良を重ねて行きたいと思います。

最後に、今回もこのような機会と材料の準備をしていただきました蓮田白岡衛生組合のみなさまに感謝申し上げます。



今回の組み立て動画はこちらで見られます。

https://www.youtube.com/watch?v=8W7F2CuH2BI



続きを読む
posted by jia-saitama at 21:22| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする